IEのテスト環境を用意する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Webデベロッパーのみなさんなら永遠の課題ではなかろうか。

まだまだIE8ユーザも多いしMicrosoft Edgeもなんだか怪しい。
テストしたくても環境を用意しないといけないし、OSを購入するのもタダではないので非常に困る。

前の職場だと余ったマシンにデュアルどころか4つのWindowsを入れてテストマシンにしていた。

みんなこの問題をどうしているのかと、とあるSierの方に聞いたところ非常に良い情報を頂けたのでシェア。
(もうWeb界隈だと常識なのかな?)

IEの環境が無料で手に入るぞ!

なんとマイクロソフトがIEのテスト環境を無償で提供している!
バーチャルボックスとかVMwareを使って仮装OSで各種Windowsを利用できる。

Windows Dev Center

いろいろと条件付きだったりするので、そこは各自黙読せよ。

90日間使える環境なので、それを過ぎたら一度削除してもう一度ビルドする必要があるけど大した手間でもない。

あと、英語キーボード配列なので「:」と「@」を探す羽目になる。

用意されている仮想プラットフォームは以下の通り。

  • VirtualBox
  • Vagrant
  • VMware
  • Parallels

90日の期間を考えるとVagrantを選ぶのが運用面で楽できるかなー。

mc-ie-test01

Boxファイルを追加する

ダウンロードしたzipファイルを解凍するとboxファイルが展開されるのでvagrantに追加する。

ちなみに、ファイル名が「IE8 – Win7.box」とかになってるのでコマンドからだとイラッとする。

とりあえずこれでゲストを作成できた。

ただやりたいことはwinマシンのWebサーバにアクセスではなく、ログインしてIEを開きたいのでVagrantの出番はこれにて終了。。。

あとはバーチャルボックス側で設定すれば問題ない。

ということは最初からプラットフォームをバーチャルボックスにしておいた方がいいのかなー?

んー
でも90日過ぎたら

で復活するしなー

とりあえず運用してみることにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*