Backlogにgitのリポジトリを作成してpushする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PullRequestがなかったりフォークがなかったりするBacklogではございますが、チケットとコミットメッセージが連携しているのはgood。

リポジトリの作成もリポジトリ名を入力するくらいで非常に簡単。

そんなBacklogにgitリポジトリを作成して、すでにあるプロジェクトをgit管理にしてpushしてみる。

※2015.08.27 追記 プルリクエストが実装されたらしい。

Backlogからのお知らせ

リポジトリの作成

公式でリポジトリの作成は解説してるのでそちらを参照。

参照もなにも名前を入力するくらいなので一瞬で終わるけど。

git push

すでにローカルに作成しているソースをgitで管理させて、Backlogのリポジトリにpushを行う。

done.

pushされたか確認する。

backlog

この画像だと塗りつぶしばかりでなんだかよくわからないけど これでBacklogのリポジトリに対してpushできた。  

ちなみに、sshで接続だと秘密鍵を登録しないといけない様子。

簡単でいいけども、やはりPRとフォーク機能はほしいね。。。
せめてPRは実装してほしいところ。

結構、リクエストがあるらしく前向きに検討するような感じにはなってるらしいけど・・・

うーむ、 gitの部分は別のサービス使ったほうがよいかもしれぬ。  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*