seleniumを導入して自動テスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

xUnit系のテストツールはいっぱいあるけども、実際に「見え方」ってどうなの?という場合のテストはこれらではできない。

そこでseleniumを使ってエンドツーエンドなテストを自動でやってもらおうと企んでいた時期があったのでそれの備忘録。

selenium

お約束ではあるがもちろんテストコードは自前で作る必要がある。

いくつかの言語でテストコードを書けるが、seleniumで使える言語は以下の通り。

  • Ruby
  • Java
  • JavaScript
  • Python
  • C#

JavaScriptが一番お手軽な気がするけど、pythonの中でもJavaScript書けるためpythonでやってみることにする。

Pythonをバインドした使い方

インストール

まずはselenium本体のインストール。

使用方法

日本語マニュアルに以下のサンプルがある(Firefox ver)

あとは

でOK。

FireFoxが起動してgoogle検索を実行してくれる。

GoogleChromeでの使い方

FireFox以外のブラウザでももちろん使える。

Chromeの場合はchromedriverをダウンロードして適当なディレクトリに保存して以下のように書き換え。

これでChromeでもテストができるようになった。

あとはIEェ・・・  

seleniumはC#にも対応してるため、Windowsでも試してみたけどさっぱりわからなかったorz

一番頼りにしたいところなのに・・・

勘所

フォームに入力やクリック等のhtml要素も操作できるため、ログイン~ログアウトの一連の流れを実装してみるとかそういうものに使えそうだ。

スクリーンショットを撮ることもできるので、クロスブラウザ対応でポチポチ操作しなくてもコマンド一つで各画面のスクショを収集して~なんてこともできそう。

ただ、魚拓を収集しても「結局、最後は人が確認するじゃん」というご意見も頂いたし。。。  

うーむ。 非エンジニアの人たちって、我らプログラマは”叩けば何か出てくる”と思ってるのか、それともエスパーや魔法使いのように思ってるんだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*