FuelPHPのインストールからBitbucketのリポジトリへ登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

結構、FuelPHP + Bitbucketの形で作ることが多いけど、 そのたびに「さて、どうするんだったかな?」となってしまいがちで、、、

いつも何かに残しておこうと思う割にはやってなかったので今更ながらに備忘録を。

FuelPHPのインストール

まずはフレームワークをインストール。

公式ページを見つつ進めていけば問題ない。
Fuelはドキュメントの量も多いし、わかりやすいし、見やすくて非常にいいよね。

oilを使ったインストール

これでカレントディレクトリに<project_name>のフォルダができる。
※oil createは $oil refine install (ディレクトリのパーミッション設定)と $ php composer.phar update もやってくれる

これでFuelが入った。
便利!

あとで気が付いたけど、bootstrap3もデフォルトで入るのね。

Webサーバの設定

これはいつやってもいいんですけどね。

FuelPHPが動くか確認。
Nginxの場合は設定ファイルを作成した後にシンボリックリンクを張らないといけない。

シンボリックリンクを張る

これまたいつも忘れてるのでメモ。

Nginxを再起動したら、localhostにアクセスして確認。

この画面になってればOK。

welcome 

FuelPHPの設定

Welcome! の時点でGitリポジトリに上げてもいいけど、 どうせなのでconfigくらい触ってからgitに管理してもらおう。

この設定もいつも「前回やったプロジェクトのconfigをコピペ」してるから、しっかり残しておこうかと。。。

app/config/config.php

gitに管理させる

先ほどoilでFeulを入れたわけだが、すでにgitのディレクトリが存在してる。

どうもgithubでFeulを作ってる方たちのコミット履歴が残ってる模様。
なんか気持ち悪いので一旦.gitフォルダごと削除して、再びgit管理下に入れるようにした。

これでスッキリ。

Bitbucketにリポジトリを作る

詳細な手順は公式ページを参照。

と言っても簡単。

リポジトリの作成

  1. bitbucketの「リポジトリ」か「作成」を選択する
  2. プルダウンメニューに「リポジトリの作成」が出てくるのでクリック
  3. リポジトリの名前とかいろいろ決める

いろいろ設定したら、下部の「リポジトリの作成」をクリック

リポジトリの作成

案内の通りにコマンドを打つ

下の画像は「私はゼロからスタートします」を選択したときの案内。

コピペで行けるからいいよね。

私はゼロからスタートします  

$ git init  まではすでにやってるので、リモートリポジトリを追加。

で、 この時点だと、リモートリポジトリを作っただけなので、Bitbucketを覗いても空っぽ。

コミットしてリポジトリにpushしましょう。

以上!

enjoy!   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*